不動産投資はとっても簡単~投資に闘志を燃やす君へ~

不動産

節税はメリットだらけ

サラリーマンの節税方法について

お金

現在、サラリーマンの節税方法には今までにはない制度を活用できる環境が整っています。2014年度から制度が開始された小額投資非課税制度のNISAを活用することで、効果的に節税でき、運用益を増やすことが可能になっています。 サラリーマンが株式や投資信託などを購入して得た利益には税金が課せられていますのが、NISAの制度を利用すると投資で得た利益が非課税となるため、丸々利益を受けられるという節税メリットがあります。 今までは小額投資非課税制度という優遇制度がなかったため、サラリーマンには節税できる手段が少なかったのですが、この制度を利用することで、長期的に利益を非課税で受けられるという大きいメリットを享受できるので、多くのサラリーマンがNISA口座を開設し、配当比率の良い投資信託や株式を購入し、運用する人が増えています。

サラリーマンの節税方法

サラリーマンの節税方法の中で、投資による損失分を次に繰り越せることはよく知られています。 今、話題のNISAの場合でも同様に計上が可能です。次年度に損失が繰り越せるという点では、翌年度に利益が出ても相殺ができますので、所得税の減税につながります。 サラリーマンの節税方法はいろいろありますが、投資にしろその他にしろそもそも知識を持ってなければ、節税のしようがありません。また、こうした節税を行うには、サラリーマンだからといって会社にすべてを任せるのではなく、必要書類をそろえて確定申告を行うことが必要になります。この投資の損失についても、サラリーマンであっても節税を行うのであれば確定申告は必須です。会社等での年末調整ではできません。