不動産投資はとっても簡単~投資に闘志を燃やす君へ~

不動産

不労所得の魅力

公務員による不動産投資

不動産

公務員による不動産投資では、それだけ多くの資金がある事で投資に回したりする事が出来る事から、不動産投資であれば割りと確実に公務員として勤めながらに行える状況となります。 まずは不動産投資が選ばれる理由としては、一度購入してそこに住んでもらう事となれば家賃収入が毎月発生して、そこで不労所得を獲得する事となります。その所得に関しては、特に立地条件などを考えて公務員が不動産の購入を行う事により、後は自動的にお金が入ってくる形となっていて、不労所得を得る事となります。 公務員の所得とプラスして不動産投資の収入のダブルでかなりのお金を獲得する事となりますが、確定申告は忘れずに行う必要があり、所得税の徴収が行われる事となります。

公務員が行う不動産投資

国家公務員であれ地方公務員であれ、副業は禁止されています。また、収益を上げる不動産投資については制約があると考えることが必要です。 もし、不動産投資において何らかの便宜があると見なされれば、国家公務員法や地方公務員法といった副業などを禁止する規定に引っ掛かる可能性があるため、もし不動産投資で収入を得ようと考える際には、購入して不動産投資を実行する前に、所属における人事権を有する部署からの許可を受けてそれから行動することが求められます。 ここで許可を受けた上で行動するのであれば、全く問題にはなりませんしその人事権を有する部署からの指示の場合にはそれに従っておくことで、不祥事案と見なされる危険性が減少するということは知っておいて損はありません。