不動産投資はとっても簡単~投資に闘志を燃やす君へ~

不動産

不動産投資のタイミング

公務員の不動産投資の気になる今後

ビル

公務員は副業が禁止されている職業です。そのため、副収入を得る事が難しい職業でもあります。 現在では、公務員が投資をする事は禁止されていないものですが、公務員の中では副業と同じ扱いとして不動産投資もしない事が暗黙のルールになっている職場も多くあります。 将来的には、不動産投資はお金がある方にとっては非常に安定した収入を得る事が出来る投資ですので、公務員の方でも気軽に不動産投資に参加をする事が出来るようになります。 公務員は特に、退職金などが多い業種でもありますので、退職後に不動産投資を始める事も出来ます。今後は人口の増加を見込む事が出来る政策が行われていますので、マンションなどの不動産投資をする公務員の方も増加する事が予想されます。

公務員の不動産投資について

公務員というのは副業が禁止されていますが、不動産投資については、実は出来ることがあります。ことがある、と言うのは、規模によって違うからです。 人事院というところが公務員の人事に関して権限を持っているのですが、そこが出している基準ですと5棟10室以上は専従義務の違反としています。つまりは、逆を言えば、それ未満であれば問題ないといっているわけです。 公務員であっても不動産投資はできますし、明確な基準があるわけですから、それを守ってやってみることです。細かい事を言えば、不動産投資をしていることが同僚に知られたくない人は、こっそりとやればよいのです。税務申告をしっかりとしていれば、それでよいのです。公務員でも不動産投資は副業の一つとして出来るのです。